世界食品安全基準『FSSC22000』認定授与しました(2014.05.01)



2014年4月15日、弊社 株式会社小柳津清一商店は、食品製造組織に向けた新しい食品安全システムの規格『FSSC22000』の認証を、本社工場・牧ヶ谷第一工場・牧ヶ谷第二工場にて取得いたしました。
尚、この認定授与式は同年5月1日に執り行われております。

『FSSC22000』とは、食品安全認証財団FFSC(Foundation for Food Safety Certification)が開発した食品安全のための認証規格です。
2010年2月には、食品小売業界が中心となって設立された非営利団体『国際食品 安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)』により、食品安全の認証スキームの一つとして承認されました。

食品に求められる安全・安心は基本的なことですが、今後さらにお客様のご要望は強くなると考えられます。
弊社は今まで『ISO9001』の認証を受けておりましたが、フード・テロ、原材料やアレルギー物質の管理などの安全対策ほか、食品安全への取り組みをさらに推進する仕組みが盛り込まれた世界的食品安全基準である『FSSC22000』を取得することで、世界に通用する水準にてお客様に満足いただける製品の製造・販売体制を構築出来ると考え、今回の認証取得に至りました。

弊社の今後の取り組みとして、『FSSC22000』に基づいた食品安全マネジメントシステムの維持・継続的改善を行い、お客様に安心・安全なお茶をお届けし、安心して飲用、原料としての使用、食していただくことで健やかな社会の実現に貢献できるよう努力していきたいと考えております。




○認証取得の目的…
弊社は「美味・健康・安全・安心」をモットーに食品安全への取組みを実施しておりましたが、もっと多くのお客様に満足していただけるよう更なるレベルアップを図る為、国際基準を満たす体制の構築を目指して『FSSC22000』取得を考えました。

○構築・認証を通しての利点…
これまでの弊社の食品安全の取組みに関して、改めて『FSSC22000』の視点で見直しを行ったことで、安全・安心面において更なるレベルアップをすることができ、国際基準を満たすレベルでの食品安全体制を構築できたこと。
また、取組みの中で、チームメンバーに現場責任者を配置することにより、システム構築から一般衛生管理・ハザード分析などを実施し、食品安全の意識向上に繋がっています。

 


    ▲2014年5月1日 FSSC22000 認定証授与式の様子


    ▲㈱小柳津清一商店 本社工場 FSSC22000認定証


株式会社小柳津清一商店について

小柳津清一商店は、静岡で製茶問屋を営むお茶のメーカーです。「本山茶」「川根茶」を主体に扱い、ほぼすべての商品が深蒸し煎茶。
「美味・健康・安全・安心」をモットーに、当社はこれからも「品質本位」「お客様本位」のお茶をお届けすることで、皆様のご期待に沿ってまいります。

/// 〒421-0101 静岡県静岡市駿河区向敷地1198-1 /// TEL:054-259-6775 /// FAX:054-259-6869 /// MAIL:info@oyaizu.co.jp ///